観光するなら必ず行きたいおススメ都市5選(イタリア)

ヨーロッパ

観光するなら必ず行きたいおススメ都市5選(イタリア)
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

1永遠の都ローマ

イタリア・一度は行きたい街巡り #1 永遠の都ローマ

イタリアの人気都市として世界的にも有名なローマです。カンピドーリオ広場はかつては古代ローマの中心として、最高神ジュピターの神殿をはじめ25もの神殿があったと言われています。
コロッセオはヴェスパシアヌス帝の命により紀元80年に完成した円形闘技場です。当時は収容人員5万人以上を誇り、猛獣と剣闘士・または剣闘士同士の凄惨な戦いが見世物にされました。
フォロ・ロマーノはローマ時代の市民の生活の中心でした。雄大なアーチを描く建物がマクセンティウス帝のバジリカです。
トレヴィの泉の肩越しにコインを投げると再びローマを訪れることが出来るというエピソードはあまりにも有名です。
サン・ピエトロ大聖堂は聖ペテロの墓の上に建てられた4世紀のバジリカがその始まりとされ、1506年にブラマンテにより着工され、以後再建が何度も行われ1626年に完成しました。

カンピドーリオ広場

カンピドーリオ広場の画像です。

現在の頂上には、ミケランジェロが設計したカンピドリオ広場 (Piazza del Campidoglio) があり、中心にはマルクス・アウレリウス像、その周囲をカピトリーノ美術館、コンセルヴァトーリ宮殿などが取り巻いている。また、ヴェネツィア広場側にはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂がカンピドリオの丘に背を向けるように建っている。

ミケランジェロはカンピドリオ広場の設計にあたって、複数の異なった形の建物をひとつの明快な対称軸線上に統合することで、建築史上初めてバロック的広場を創案した。このランドスケープの設計手法は後に、ミケランジェロの後を引き継いだベルニーニによって、サン・ピエトロ広場においてより明確に示されることになる。

出典 http://ja.wikipedia.org

円形闘技場コロッセオ

コロッセオの画像です。

コロッセオは約2000年前に建てられた円形闘技場で、世界遺産に指定されています。
周囲527メートル、高さ48.5メートル、約5万人を収容できた、とてつもなく巨大な建物です。
映画「グラディエーター」でも描かれていますが、剣闘士たちが命をかけて闘いを行っていた場所です。他にも水中ショーなど様々な催しが行われ、食料も無償で配布されていました。
皇帝はローマ市民に娯楽の場を提供することで、権力を絶大なものにしていったのです。

出典 http://mytabi-italy.com

2花の都フィレンツェ

[世界遺産]フィレンツェ,イタリア/Florence,Italy

フィレンツェは百合の花と丸薬をかたどったメディチ家の紋章が、まず目に飛び込んできます。
元は薬屋だと言われる町の大パトロンであるメディチ家を抜きにしてフィレンツェを語ることは出来ません。
メディチ家はパトロンとして13歳のミケランジェロを見出し彼に彫刻の勉強を始めさせ、ラファエッロを援助して、その芸術を開花させました。
フィレンツェを代表する花の聖母教会・ドゥオーモにクーポラを完成させたブルネッレスキや放蕩三昧の画家フィリッポ・リッピの後ろ盾になったのもメディチ家の人々だったと言われています。
フィレンツェを中心としたルネサンス文化はメディチ家の歴史と深い繋がりがあります。

聖母教会ドゥオーモ

聖母教会ドゥオーモの画像です。

ドゥオーモはフィレンツェの顔とも呼べる大聖堂です。表の華やかないでたちとは一変して、内部は荘厳なヨーロッパ建築の代表的建物。13世紀後半から約150年をかけて建設され、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分とアクセスもばっちりです。

さらに、聖堂内のクーポラを登ると、そこにはオレンジの街並みが一望できます。その光景をみただけで、あぁフィレンツェに来てよかったとため息が出ました。その感動は、半年たった今でもくっきりと脳裏に焼き付いているほど。フィレンツェに行ったら是非とも行ってほしいおすすめスポットです。

出典 http://allabout.co.jp

ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館の画像です。

当時フィレンツェを支配し、栄華を極めていたのがメディチ家一族です。そのメディチ家の当主コジモ1世がヴァザーリに設計を依頼し、16世紀に建てられたのがウフィツィ美術館です。
ウフィツィ=事務所という意味で、元々は行政事務所として利用するために建設されました。
その後、長い年月をかけてメディチ家が収集してきたコレクションは、18世紀から公開されています。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ラファエロなど巨匠たちの作品が所蔵されています。
これらルネサンス期を代表する国宝級の絵画が集まり、イタリアでも屈指の美術館です。

出典 http://mytabi-italy.com

3イタリアファッションの発信地!古都ミラノ

【TBG】 上戸彩 in イタリア・ミラノコレクション

ミラノには何百年もの歴史に培われてきた建築物や芸術作品群があります。ゴシック建築の最高傑作ドゥオーモに始まり、レオナルド・ダ・ビィンチの名画である「最後の晩餐」などの歴史的遺産があります。
またミラノファッションといわれるように世界最先端の流行に代表される都市でもあります。
上戸彩さんもミラノファッションに魅了されています。
ミラノは過去と現代のアートの町と言えます。

ドゥオーモ

ドゥオーモの画像です。

ヨーロッパでは街の中心に神の象徴である教会が置かれ、それを取り囲むように広がってゆくという形式が多く見られますがここミラノでも街の中心でありシンボルとなっているのがこの大聖堂「ドゥオーモ」です。

この大聖堂ドゥオーモは1386年にジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの意向により着工し、約500年の時を経てナポレオンの命により完成しました。その壮大な建築は全長158m、幅93m、高さが108mで内部の面積が1万1700平方メートル。世界最大級のゴシック建築として知られています。135本の尖塔、2245体の彫刻との融合美はまさに圧巻の一言です。

スペインでは有名な建築家「ガウディ」がサクラダ・ファミリアを設計し、未だに建築中であることで有名ですが、500年という建築期間というものはカソリック大国のイタリアだからできたと言えるでしょう。このドゥオーモのどっしりとしたゴシック建築はイタリアでもっともゴシックらしいゴシック建築であり、そのオリジナリティ溢れるデザインは独特の美しい姿をしています。

出典 http://www.amoitalia.com

サンタ・マリア・デッレ・グランツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グランツィエ教会の画像です。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接するドメニコ会修道院の食堂の壁に巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1495年から1497年にかけて描いた「最後の晩餐」は、芸術史に新しい時代を開いた重要な作品。
キリストが12人の弟子の中に自分を裏切るものがいることを告げた直後の場面が劇的に描かれており、様々なシンボルが絵の中に隠されていると言われ、更なる奥深い宗教的な意義を暗示されています。

出典 http://visitaly.jp

4水の都ヴェネツィア

世界遺産の旅 イタリア ヴェネツィアとその潟

ヴェネツィアは水の都と言われるように、自動車が走らず足で石畳の路地を歩くか運河を行くゴンドラ、モーターボートのタクシーあるいはヴァポレットと呼ばれる水上乗り合いバスだけが移動手段になっています。
ヴェネツィアを訪れたのならゴンドラに乗ることをぜひおススメします。
名物ゴンドラは1隻に5~6人が乗る事が出来き、運河のあちこちに客待ち顔のゴンドラ漕ぎがいるので、事前に料金交渉をして乗ってみましょう。アコーディオンと歌手付きなんていう豪華版もあります。

サン・マルコ広場

サン・マルコ広場の画像です。

サン・マルコ広場(サン・マルコ ひろば、イタリア語:Piazza San Marco)はヴェネツィアの中心的な広場で、回廊のある建物に囲まれ、ドゥカーレ宮殿やサン・マルコ寺院などがある。ヴェネツィアの広場は方言でカンポ(campo)と呼ばれるが、サン・マルコ広場は別格であり、ピアッツァ(piazza)と呼ばれる。世界で最も美しい広場とも言われており、観光名所のほか、海からの玄関口でもある。

サン・マルコは、ヴェネツィアの守護聖人である福音記者マルコに、由来する。サン・マルコ寺院の聖堂の正面部分は柱廊に囲まれた台形になっていて、実際より奥行きがあるようにみえる。この台形広場(piazza)に、海に面したサン・マルコ小広場(Piazetta San Marco)が続いており、全体としてL字型になっている。小広場にはカナル・グランデに面して2本の円柱があり、それぞれ頂上には聖マルコを象徴する「有翼の獅子」像と、「聖テオドーロ(英語版)」像がある[1]。中世にはこの柱の間に死刑執行台を設置したため、ヴェネツィアっ子は柱の間を通り抜けないという。

出典 http://ja.wikipedia.org

サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会

サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会の画像です。

イタリア北東部、ベネト州の都市ベネチアにあるゴシック様式の教会。13世紀から15世紀にかけて建造され、歴代総督の墓や記念碑が収められている。16世紀に作られたステンドグラス、ベリーニ作の祭壇画、ベロネーゼ作の絵画「受胎告知(じゅたいこくち)」「聖母被昇天」などがあることで知られる。サンティッシマジョバンニエパオロ教会。

出典 http://kotobank.jp

5「イタリアの永遠の劇場」と呼ばれるナポリ

美味しい世界遺産#16/イタリア・ナポリ歴史地区①

ナポリは古代ギリシャ時代からイタリア統一までの2000年、ヨーロッパのおもな人種に支配され続けました。
入れ替わり立ち代わり変化した支配者たちとうまく付き合う知恵の中から、ときに権力に屈しながらもそれぞれの体制の中で巧みに知恵を活かして生き抜いてきました。
古代ローマの皇帝から始まり、数多くの芸術家をも魅了してきた芸術とグルメの街です。

ナポリ国立考古学博物館

国立考古学博物館の画像です。

イタリアを代表する2大博物館がナポリにあります。それがこの国立考古学博物館と次の国立カポディモンテ美術館です。ファルネーゼ家の膨大なコレクションが、考古学博物館には古代の彫像やモザイクなどの出土品が、カポディモンテ美術館には主に絵画が展示されています。

国立考古学博物館の展示品はファルネーゼ・コレクションと呼ばれる世界で屈指のギリシャ・ローマ時代の作品たちです。「大理石彫刻」「壁画」「モザイク」のほかポンペイやエルコラーノ遺跡からの発掘品、宝石やエジプトの美術品もあります。

出典 http://www.amoitalia.com

サンカルロ劇場

サンカルロ劇場の画像です。

イタリア3大歌劇場といえば、ミラノのスカラ座、ヴェネツィアのフェニーチェ座、ナポリのサン・カルロ座。そのなかでも最も古く、かつ世界最古の現役オペラハウスが、ナポリの王宮に隣接するサン・カルロ劇場です。創設は1737年。18世紀は「ナポリ派」オペラがヨーロッパ中を席巻。その本拠地ナポリで建設されたこの劇場は、当時ナポリ王国を支配していたブルボン家出身の王カルロ7世(のち3世)の名にあやかり、同名の聖人名から、サン・カルロ劇場と命名されました。

出典 http://allabout.co.jp

イタリア観光まとめ

イタリアの5大観光都市はローマ・フィレンツェ・ミラノ・ヴェネツィア・ミラノではないでしょうか。
イタリアを訪れる際はぜひ参考にしてみて下さい!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ