Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ロンドンに行くなら外せない世界遺産ベスト5!(イギリス)

ヨーロッパ

ロンドンに行くなら外せない世界遺産ベスト5!(イギリス)
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

1バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿 衛兵交代式

イギリス王室のバッキンガム宮殿の衛兵交代式の動画です。
赤い服を着た衛兵たちが楽器を鳴らして交代する様子は観光名所としても人気です。

バッキンガム宮殿衛兵交代式の画像です。

バッキンガム宮殿は、エリザベス女王のロンドンの公邸および執務の場であると同時に、王室庁の事務本部としても機能しています。バッキンガム宮殿は、今でも実際に使われている世界でも数少ない王宮の一つです。
公式諸間(ステート・ルーム)は現在、女王や王室メンバーが公式訪問中の外国元首や様々な式典・儀式への賓客を迎えて歓待する場として頻繁に利用されています。例年8月から9月にかけて女王がスコットランドに滞在されている期間、バッキンガム宮殿の公式諸間19室が一般に公開されます。
公式諸間は現役で使われる宮殿の中心を成し、レンブラント、ルーベンス、プッサン、カナレットの絵画やカノーヴァの彫刻、見事なセーヴル磁器、英国やフランスの素晴らしい家具など、王室コレクションからの貴重な美術品の数々によって豪華に飾られています。
見学ルートの最後は、美しい宮殿の西正面と有名な湖の眺めを楽しみながら、庭園の南側を散策できます。

出典 http://www.royalcollection.org.uk

2大英博物館

英国旅行 ロンドン 「大英博物館の至宝」

ロンドンの大英博物館は大英帝国時代に世界中から集められた美術品や調度品を見る事が出来る。
まさに世界一の博物館という名に恥じない場所です。

大英博物館の画像です。

世界最大の博物館の一つで、古今東西の美術品や書籍や略奪品など約800万点が収蔵されている(うち常設展示されているのは約15万点)。収蔵品は美術品や書籍のほかに、考古学的な遺物・標本・硬貨やオルゴールなどの工芸品、世界各地の民族誌資料など多岐に渡る。イギリス自身のものも所蔵・展示されている。余りに多岐にわたることから、常設展示だけでも一日で全てを見ることはほぼ不可能である[3]。

出典 http://ja.wikipedia.org

3ロンドンの象徴ビック・ベン

イギリス旅行記6 - ビッグベンの鐘の音

ロンドンの象徴であるビック・ベンの鐘の音です。ロンドンに行くなら生で聞いてみたい!

ビック・ベンの画像です。

およそ13年の年月をかけて、ゴシック復興様式というスタイルで建設されました。1859年に完成し、当時、世界最大の時計でした。第二次世界大戦中、国会議事堂は破壊されたにもかかわらず、時計台は壊れず、鐘を鳴らし続けたそうです。 現在も、毎15分ごとに鐘が鳴り、8km近く遠くまで聞こえるそうです。
ところで、ビッグベンの鐘は、録音を聞いてもビッグベンとわかる程、とても独特な音色を持っています。それには理由があります。鐘が鳴らされ始めて9ヶ月後、鐘にひび割れが入ってしまいました。修理すると同時に、鐘を1/8回転して、ひびの部分を叩かないようにしました。実は、この処置とひびが、ビックベン独特の音色を作り出しているのです。

出典 http://fishand.tips

4ロンドン塔

英国旅行 ロンドン 「ロンドン塔」

ロンドン塔は中世に建てられた要塞であり、現在でも儀礼的な武器の保管場所として使用されています。ロンドン塔は「女王陛下の宮殿であり要塞でもある」と言われたが、罪人の収監や処刑場としても使用されていました。

ロンドン塔の画像です。

ロンドン塔には世界最大級と言われる「渡りカラス」が伝統的に飼育されています。
イギリス人に人気のある「アーサー王伝説」をご存知ですか?「アーサー王が魔法で渡りガラスに姿を変えられてしまった」という伝説です。
この伝説が支持されている為、渡りガラスを殺す事は「アーサー王への反逆行為」とも言われ、古くから不吉な事が起こるとされているそうです。

出典 http://wondertrip.jp

5ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院の秘密のチャペル 王の野望今に伝える

ウェストミンスター寺院の知られざる歴史について動画で紹介しています。
イギリス王室とも密接に結ぶついているロンドンで最も有名な教会です。教会としてだけでなく歴史を学ぶ上でも重要な観光地の一つとなっています。

ウェストミンスター寺院の画像です。

ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey、中国語:西敏寺)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。

ウィリアム1世以来、エドワード5世、エドワード8世を除く全てのイギリスの歴代の王が、「エドワード懺悔王の礼拝室」で戴冠式を行っている[1]。この部屋にはかつてスコットランドから持ち帰られた、スコットランド王権を象徴するスクーンの石が嵌めこまれた戴冠式用の玉座があったが、スクーンの石は1996年にスコットランドに返還された。

イギリス中世の大規模なゴシック建築である。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世により、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって改装を始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、墓所の増築や西側正面部分、塔など20世紀に至るまで長期間にわたり、時代によってさまざまな様式で増改築されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

まとめ

ロンドンの世界遺産のベスト5は以上になります。
日本人に人気のあるロンドンですが、旅行に行く際は参考にしてみて下さい。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

タグ

月別アーカイブ

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・