キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

観光地としても人気の美しい城ベスト5 海外編

ヨーロッパ

観光地としても人気の美しい城ベスト5 海外編
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

1神聖な巡礼地モンサンミッシェル(フランス)

美味しい世界遺産#1/フランス・モンサンミシェル

フランスのモンサンミシェルはその昔多くの巡礼者が命を懸けてでも訪れたというカトリックの巡礼地として有名です。
現在は観光地として世界遺産にも登録されています。モンサンミシェルの美しさと美味しいグルメを求めて訪れてみると良いかもしれません。

フランスモンサンミシェルの画像です。

海岸線から1キロほど沖に突き出た岩山で、フランスでもっとも有名な巡礼地。 堤防からラヴァンセ門をくぐり進むと、みやげ物店、名物のオムレツを供するレストラン、ホテルなどが軒をつらねる参道グランド・リューGrande Rueが修道院までのび、シーズン中数多くの観光客でにぎわう。 ヨーロッパ最大の干満差が観測され、かつては満潮になると島への道が消えてしまい、波にのまれた巡礼者も数多かったようだが、現在は堤防によって結ばれ、潮の満ち引きに関係なく訪れることができる。 しかし、近年はその堤防のせいで砂が沈殿、堆積し、ぐるりと海水で囲まれることは稀となってしまった。海が「馬が駆けてくるような」速度でモン・サン・ミッシェルまで押し寄せる光景はなかなか見られなくなってしまったのである。

出典 http://www.nta.co.jp

2シンデレラ城のモデルと言われるノイシュヴァンシュタイン城(ドイツ)

ドイツ 〜シンデレラ城のモデル 【ノイシュヴァンシュタイン城 】

ドイツのノイシュヴァンシュタイン城を紹介した動画です。ノイシュヴァンシュタイン城はルードヴィッヒ2世の命により着工され、贅の限りを尽くして築城されました。その美しさから「死ぬまでに訪れたい世界の名城」に選ばれた事もあります。
ディズニーのシンデレラ城のモデルになったとも言われているお城ですので、ドイツに旅行するならぜひ行くことをおススメします。

ノイシュヴァンシュタイン城の画像です。

ロマンティック街道の北の起点であるフェッセン郊外に佇む美しき城。ルードヴィッヒ2世の命により1869年に着工したが、86年の王の死とともに建築はストップ。現在も多くの部分が未完となっている。ワーグナーの音楽に心酔していた王は、彼のオペラを上演するための「歌人の間」を造り、寝室や居間など至るところに『ローエングリン』や『パルジファル』などのオペラをモチーフにした壁画を描かせた。『タンホイザー』から着想を得た人工の洞窟まで造らせ、ここで一人妄想に耽っていたと言われている。黄金の天井が眩しい「玉座の間」には、重さ900kgを超える巨大な王冠の形をしたシャンデリアも。その美しい佇まいから白鳥城とも呼ばれている。城を見る人気のスポットはマリエン橋。※マリエン橋は2015年8月3日から11月中旬まで大規模改修のため閉鎖となります。

出典 http://south-germany.jp

3ホーエンザルツブルク城(オーストリア)

中欧旅行 ザルツブルク ~ ホーエンザルツブルク城

ザンツブルグのシンボルといえるホーエンザルツブルク城は1077年に大司教ゲプハルトが着工しました。
15世紀にはレオンハルト・コイチャッハによって、武器庫などの増設が行われました。
テラスからはザンツブルクの街並みを見渡すことが出来ます。

ホーエンザルツブルク城の画像です。

大司教ゲプハルト・フォン・ヘルフェンシュタイン1世が、皇帝派の南ドイツ諸侯のカノッサの屈辱への報復を恐れて市の南端、メンヒスブルク山山頂に建設した防衛施設。マイセン辺境伯コンラート1世(1098年頃 - 1157年)の代にほぼ完成した。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世"バルバロッサ"(在位1152年 - 1190年)によるザルツブルク焼討ちでも焼失を免れた。15世紀後半になるとハプスブルク家、バイエルン公等の周辺諸侯の攻撃や市民の反乱に備えて強化され、鐘楼、薬草塔、鍛冶の塔、囚人の塔、武器庫、穀物貯蔵庫等が建設され、防壁が強化された。ナポレオン戦争によるナポレオンのフランス軍の占領後の1816年からは、ザルツブルク市街とともにハプスブルク家の支配下に入った。

2012年9月、トリップアドバイザーの企画「バケットリスト」の「世界の名城25選」に選ばれた[1]。

出典 http://ja.wikipedia.org

4コンウィ城(イギリス)

英国@北ウェールズ・コンウィ城

コンウィ城はイギリスウェールズ北部のコンウィにある城塞で、ウェールズ遠征の拠点としてイングランド王エドワード1世が築いた城です。

コンフィ城の画像です。

城は自然の防御壁となったコンウィ川と背後の山、約3kmにも及ぶ高さ9mの城壁と21の半円形の塔に囲まれた典型的な中世のお城です。

町の南東部にあるお城は、8つの円形の高い塔が立ち、塔の上からは美しい景色が広がります。特に、町側に一番近い塔からは、町並みとコンウィ川、海が一望でき爽快です。
この城はエドワード1世が、ウェールズ攻略のために、環状に10城造ったといわれる城の一つです。

城内は西外堡、アウター・ウォード、お城の中心のインナー・ウォード、東外堡の4つに分かれています。アウター・ウォードには護衛所と馬屋、キッチン、大広間、牢獄などがありました。インナー・ウォードにはエドワード1世とエリノア王妃の住まいがあり、2階には王の間、謁見の間、礼拝堂、などの跡が残っています。
城内には人形も展示され、当時の様子を感じることができます。

出典 http://worldheritagesite.xyz

5プラハ城(チェコ)

中欧旅行5 プラハ(プラハ城)

プラハ城は9世紀後半に建設が始まり、旧王宮と宗教施設が複合した世界でも最大規模の城です。
第2中庭にはバロック様式の「コール噴水」があります。

プラハ城の画像です。

9世紀に築かれた小さな砦をカール4世が大改修したプラハ城は、最大の名所として偉容を誇る聖ヴィート大聖堂、旧王宮、黄金小路の家々など多くの建築物の集合体です。それらの建物それそれが、異なる建築様式でつくられているため、ロマネスク様式やゴシック様式、バロック様式、ルネサンス様式など、様々な建築様式の美を目の当たりにすることができます。その中でも観光のハイライトとなる「聖ヴィート大聖堂」では大聖堂の地下に埋葬された、チェコの守護聖人の聖ヴァーツラフ、聖ヤン・ネポムツキー、カール4世などの墓も見学することができます。

出典 http://www.hankyu-travel.com

まとめ

海外のお城はやはり絵本に出てくるようなイメージのものが多いですが、中世に建てられた建築物として城好きだけでなくその国の歴史を知るうえでも非常に重要です。
観光地としても有名な場所ばかりなので、訪問先のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか?

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!