世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ガウディ建築だけじゃない!?バルセロナの人気観光地ベスト5をまとめてみました!(スペイン)

ヨーロッパ

ガウディ建築だけじゃない!?バルセロナの人気観光地ベスト5をまとめてみました!(スペイン)
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

1サグラダファミリア

スペイン旅行 バルセロナ  「サグラダ・ファミリア教会」

バルセロナの人気ナンバー1観光地といえばアントニオ・ガウディの未完の最高傑作「サグラダ・ファミリア教会」です。
ガウディの没後100年の節目にあたる2026年に完成予定との発表があり、その想像を超えた姿に世界中が注目しています。
動画は2010年当時のサグラダ・ファミリア教会の様子です。

サグラダ・ファミリア教会の画像です。

サグラダ・ファミリアは、カタロニア・モダニズム建築の最も良く知られた作品例であり、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品である。バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に、パラボリックな(放物線状の)構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている。2004年の統計によれば、サグラダ・ファミリアはアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントとなり[1]、2008年には270万人を集めた[2]。生前のガウディが実現できたのは地下聖堂と生誕のファサードなどであるが、これらは2005年にユネスコの世界遺産に登録された。 贖罪教会なので、作業の財政は喜捨に頼っている。そのために、別々の箇所を同時に建設することはできなかったのだが、1990年代以降は訪問者の流れと作品の世評の高まりが財政状況を好転させた。

2010年11月7日に教皇ベネディクト16世が訪れ、ミサを執り行い、聖堂に聖水を注いで聖別。サグラダ・ファミリアはバシリカとなった。ミサには司教達を含む6500人が参列し、800人の聖歌隊が参加した[3]。

9代目設計責任者のジョルディ・ファウリは、ガウディの没後100年にあたる2026年に完成予定と発表している

出典 http://ja.wikipedia.org

2グエル公園

グエル公園散歩動画!

バルセロナを一望出来る場所にある公園で、アントニ・ガウディのパトロンであったグエル伯爵が計画した庭園式住宅地で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。動画ではグエル公園内の様子が紹介されています。

グエル公園の画像です。

グエル公園はガウディの大スポンサーでもあり、理解者でもあったグエル伯爵が計画した英国風の庭園式住宅地です。

当時ガウディは今で言うゲーティッドコミュニティーのように、住宅地を外壁で囲みアクセスを管理できるような計画を作りました。ただ、この時代のブルジョア向けの住宅販売にも関わらず公共の交通手段がない上、敷地面積の6分の1しか建物が建てられないとか、勝手に木の伐採が出来ないなどいろいろな規制があり、結局はグエル伯爵の家(今は学校)、ガウディの家(今はガウディ博物館)の他は1軒しか売れず、夢の宅地造成計画は1914年に断念。

その後1922年にバルセロナ市が取得し管理することになり、1984年にはアントニ・ガウディ作品群として世界遺産に登録されました。

出典 http://kamimura.com

3カサ・バトリョ

スペイン旅行 バルセロナ  「カサ・バトリョ」

バルセロナの人気観光地としてあげられるのが、ガウディが建築したカサ・バトリョです。カサ・バトリョの造形には諸説あり、カタルーニャの聖人サンジョルディの伝説に出てくるドラゴンに見立てている説や海をモチーフにした説など色々あります。動画ではカサ・バトリョの鮮やかな内装が紹介されています。

カサ・バトリョの画像です。

バルセロナ、アシャンプラのグラシア通り43番地に位置するカサ・バトリョは、1877年に建設された建物である。大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディはこの邸宅の改築を行った。この改築でガウディは、建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施した。

この邸宅の造形には様々な説がある。第一に、屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、カタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの竜退治の伝説をなぞっているという解釈である。この解釈によれば塔は聖人の構える槍とされる。カサ・バトリョには、ファサードの石柱が骨を想起させることから「骨の家(Casa dels ossos)」というあだ名もあるが、竜退治説によればこの骨もドラゴンの犠牲になったものたちの骨と理解されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

4カタルーニャ音楽堂

カタルーニャ音楽堂 紹介動画!

カタルーニャ音楽堂はバルセロナにある音楽堂で、サン・パウ病院とともに、世界遺産にも登録されています。
動画ではカタルーニャ音楽堂のコンサートと内部について紹介してくれています。

カタルーニャ音楽堂の画像です。

カタルーニャ音楽堂は建築家リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネー(Lluís Domènech i Montaner)によってムダルニズマの様式で設計されたコンサートホールである。1905年から1908年にかけて、カタルーニャ・ルネサンス(文芸復興運動)において指導的役割を果たした合唱団、ウルフェオー・カタラー(Orfeó Català、1891年設立)のために建設された。建設にあたってはバルセロナの篤志家たちの財政支援も受けている。この音楽堂の建設によりドメネクは1909年にバルセロナ市より賞を受けた。

1982年から1989年にかけてオスカル・トゥスケッツ(Óscar Tusquets)とカルラス・ディアス(Carles Díaz)による大規模な修復が行なわれた。1997年、カタルーニャ音楽堂はユネスコの世界遺産に登録され、今日では毎年50万人以上の人々が交響楽や室内楽、ジャズ、伝統音楽などを楽しむためにこのホールを訪れている。

出典 http://ja.wikipedia.org

5カテドラル・旧市街

スペイン・バルセロナの旅 #7 / ピカソの壁画 → 夜の旧市街・ゴシック地区を歩く

バルセロナの聖堂といえばサグラダファミリアをイメージする人が多いですが、ゴシック地区のシンボルといえばカテドラルです。
動画ではカテドラルと旧市街の夜景が紹介されています。ガウディ建築だけではなくバルセロナの歴史を知るには、ぜひ観光したいスポットです。

カテドラルの画像です。

バルセロナの聖堂というとサグラダ・ファミリアを思い浮かぶ人も多いかと思いますが、バルセロナの大聖堂というとゴシックエリアの中心ともいえる、カテドラル(正式名はLa Catedral de la Santa Creu i Santa Eulalia)。現在のゴシック建物はバルセロナ伯ジャウマ2世の時代の1298年から1448年に建築されました。もとはこの場所に起源前ローマ人が大聖堂を築いたことに始まり、ロマネスク様式のカテドラルがあった場所に建てられています。

出典 http://www.ab-road.net

まとめ

バルセロナの人気観光地ベスト5をまとめてみました!バルセロナといえばやはりガウディの建築が有名ですが、もし日程に余裕のある方は他の同時代の他の建築作品を見て周るもの良いかもしれません。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

タグ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録